ちょとした刺激にも敏感に反応して肌トラブルを起こしてしまう『敏感肌』。
「メイクなんてできない」そう思っていませんか?
けれど、実は敏感肌こそメイクするべきなんです!

<そもそも敏感肌ってどんな状態?>
敏感肌を引き起こす原因は色々とありますが、
炎症やかゆみを起こしてしまうのは「乾燥」が大きな原因です。

敏感肌はあらゆる原因によって水分と油分が不足してしまっています。
油分が失われたことでさらに水分が蒸発してしまい、
肌がカサカサになってかゆみが出ることもあります。

肌は本来、水分と油分が混ざり合ったうるおいのヴェールによって守られていますが、
敏感肌はうるおい不足によってこのバリアのようなヴェールがない状態です。

肌のバリアとも呼べるうるおいのヴェールがないことで、
空気の乾燥や紫外線、雑菌などに直接さらされてしまいます。

バリア機能の低下した肌はこうしたもののダメージを受けやすく、
また、雑菌に簡単に侵入されて、炎症や湿疹などが起きてしまうのです。

こうしたダメージや炎症がさらに肌の状態を悪化させ乾燥がひどくなり、
乾燥した肌がダメージを受けて炎症が起こります。

このように、敏感肌特有の悪循環を作り出して、
乾燥を改善しない限りずっとこの悪循環を繰り返してしまうのです。

<どうしてメイクが必要なの?>
敏感肌はダメージを受けやすいもの。
だったらメイクは逆効果だと感じますよね。

敏感肌の原因は乾燥によるバリア機能の低下です。
そして、メイクには「肌を守る」という役割もあるんです。

例えば日焼け止めは紫外線から、
ファンデーションは肌の表面をおおって空気の乾燥や雑菌から守ってくれます。

つまり、メイクをすることで肌にバリアの代わりを作ることができ、
肌を外部刺激から守ることができるのです。

メイクはキレイになることがだけでなく、
こうしたバリアの代わりとしての働きもあるんですよ。

だから、敏感肌の人こそメイクをするべきなんです。

けれど、直接肌にのせる化粧品は慎重に選ばなければいけません。
敏感肌の人は化粧品に含まれる成分にも反応してしまうことが多いので、
肌に負担のかかる成分をできるだけ使用していないものがおすすめです。

最近は敏感肌の方に向けた化粧品も色々と選べるようになってきたので、
自分に合いそうなものを探して試してみるのが一番です。

紫外線も大きなダメージとなるので、
UVカット機能のある下地やファンデーションを選ぶようにしましょう。

メイクをする時は、とにかく擦らないこと!
清潔なパフやチップを利用して、やさしくメイクしましょう。

また、いくらメイクがバリア機能の代わりになるといっても、
症状がひどい時はメイクをせずに、病院で診察してもらうことも大切です。

メイクを楽しみながら利用して、肌をダメージから守ってあげましょう!

敏感肌の方におすすめのベースメイクは「アヤナス BBクリーム」です。
リンク先のサイトで「アヤナス BBクリーム」の詳細情報を見ることができます。
「アヤナス BBクリーム」のことをもっと知りたい方はリンク先へどうぞ。

敏感肌におすすめのアヤナスbbクリーム

「アヤナス BBクリーム」とは、
敏感肌専門の化粧品ブランド「ディセンシア」が開発した、
敏感肌の特徴や肌悩みに着目して効果的な成分を配合したBBクリームです。

" "